これからCADオペレーターを目指す方へ

これからCADオペレーターを目指す方へ

CADオペレーターという仕事を考える上で、忘れないで欲しいことがあります。

 

CADはパソコンソフトの一つだということです。
CADは図面を書くためのツールなのです。いわば、定規や鉛筆なのです。

 

結局はCADで図面が書けるということは、ワードで文章が書ける、エクセルで表が作れること同じなのです。

 

では図面が書けるということは?

 

それは線を一本書くにも、円を一つ書くにも、なぜそうしたのかという根拠を元に決めていく必要があります。
根拠とは専門的な知識や計算に基づきます。

 

CADオペレーターのレベルがピンキリだと言われる所以はココです。

 

図面をトレースするレベルのCADオペレーターから
図面の間違いを指摘できるCADオペレーターまで、まさにピンキリなのです。

 

これからCADオペレーターを目指す方へ

ぜひ専門知識を身に付けてください。
仕事をしながら勉強をしてください。
図面を見ながら、その根拠を勉強してください。

 

CADオペレーターとは、CADが触れるに過ぎないということを忘れないで欲しいなと思います。

 

次のページ:CADオペレーターに将来性はあるのか!?